寒川神社について

トップページ寒川神社について御由緒

御由緒

関八州鎮護の神として古くからこの地方の名祠とあがめられています。
具体的な創祀年代はわかっていませんが、総国風土記によると、約千五百年前雄略天皇の御代に幣帛を奉納せられたとあるので、当時既に関東地方に於ける著名の神社として遠近に知られていたと考えることができます。

御由緒

ニ柱の神を祀った寒川大明神

残念ながら寒川神社の創祀年代はわかっていません。 ただし雄略天皇(456~479)の御代に奉幣、また神亀4年(727)社殿建立と伝える記録があり、少なくとも千五百年以上の歴史を誇ることになります。

初めての公の記録は、仁明天皇承和十三年(846)神階従五位下を授けられたとの『續日本後紀』の記録です。爾来神階の授与が度々なされており、齋衡元年(854)従四位下、元慶八年(884)正四位下、延喜十六年(916)正四位上と進階されました。

また『延喜式』神名帳(927年編纂)によれば、相模国十三社のうち、唯一の名神大社とされています。

戦国武将も信仰

後には源頼朝、北條義時、武田信玄等の武将、徳川家代々の篤い信仰をうけており、いずれにしても千五百年余りの歴史を有する古社で、相模国一之宮とも称され、霊験あらたかな神社として現在に至るまで信仰されてきています。

元国幣中社。現在は神社本庁傘下の別表神社。

寒川神社について
  • 御祭神
  • 御由緒
  • 御神徳
  • 境内・神嶽山神苑
  • 映像を見る

モバイルサイト 携帯電話から簡単にアクセスが可能です。