八方除

トップページ八方除 》 方位除

方位除

平安の昔から「方忌み」、「方違え」として方位除は定着していました。

「方忌み」「方違え」

平安時代、光源氏の活躍する「源氏物語」には、「方忌み」、「方違え」の当時の習慣が数多く描写されています。方忌みは、陰陽道でいう凶方を避けることであり、方違えとは、その凶方を克服するための方法です。 方違えは、方忌みの方角へ行かねばならない時、いったん他所へ移動、滞在して、目的地が凶方とならないような位置から出かけることをいいます。

これは、今日でも方位学、九星気学などでもよく行われていて、古くて新しい事柄といえるでしょう。

陰陽道の方位術は、現代において最もよく見ることのできる一面です。「お水とり」や「お砂とり」もその一種にほかなりません。神社においての「お祓い」、「方位除」も凶方を避け、そして克服する方法といえるのです。

寒川神社ではこの「お祓い」、「方位除」等を行う方法も八方除にあたります。

八方除
  • 方位学
  • 方位除
  • 寒川神社の八方除
  • 易と暦
  • 陰陽道
  • 気学風水
  • 数の神秘「八」
  • 吉方位
  • 映像で知る「八方除」

モバイルサイト 携帯電話から簡単にアクセスが可能です。