八方除

トップページ八方除 》 易と暦

易と暦

八方除に深く関係する易と暦について。

易について

易について

易とは、約五千年前の古代中国で、帝王伏犠(ふつき)が、天地自然の万象を見て創ったものといわれています。 周易は文王・周公をへて、漢の武帝の時代に完成され、後漢では、五経(易経・書経・詩経・礼記・春秋)の中で易経は筆頭にあげられています。 易経の中には、処世上の指針となる言葉が多いのですが、易は、その天の時を六十四卦という象(形相)で表し、その形相から現在の状態、将来の見込みを予知できるとされています。易学が人生の学問ともいわれる所以です。 

歴について

歴について

現在使用している暦は、太陽暦であり、新暦です。 明治5年の改暦では、旧暦の要素である大安、仏滅などの六曜六輝や、二十八宿、十二直などの各種吉凶判断は除去されたのですが、実際は今日販売されている暦には記載されています。 日本で始めて使用された暦は、持統天皇の時で、中国の「元嘉暦(げんかれき)」といわれていますが、文武天皇の時はじめて「陰陽寮」が設置され、暦博士が造暦を行ったとされています。 一番長く使用された「宣明暦」は、823年間に及びました。「貞亨暦」は、はじめて民間の日本人、渋川春海の手によって作られた暦でした。 江戸時代には、各地方で、京暦、伊勢暦、三島暦、弘前暦,会津暦等の暦が刊行され、また、略暦、大小暦、南部暦等、特色ある暦も出ていました。

八方除との関係

 

易や暦を使用して、さまざまな予見をしても、その通りに従えない事が多いので、我が身を守る為、予防的に八方除御祈願を受けることをおすすめします。

八方除
  • 方位学
  • 方位除
  • 寒川神社の八方除
  • 易と暦
  • 陰陽道
  • 気学風水
  • 数の神秘「八」
  • 吉方位
  • 映像で知る「八方除」

モバイルサイト 携帯電話から簡単にアクセスが可能です。