八方除

トップページ八方除 》 数の神秘「八」

数の神秘「八」

「八」は日本人が好む数字であり、最高位を占める数です。古代日本も高貴な人々が好んで用い、宇宙を表すとさえいわれています。

最高の数「八」

「八」は日本人が好む数字であり、最高位を占める数です。
八を「末広がり」といって喜ぶのは、裾が開いた形からくるイメージです。八を数字「8」で表し、8を横にすると∞となり、西洋では宇宙にすえひろがりに広がる、無限という意味にもなります。
八という数字は、中国では古くより非常に重大な意味をもっていました。紀元前十世紀ごろまとめられた易経における八卦に関係していて、宇宙のすべては、陰と陽を八卦で組み合わせることによって生まれるとされています。
わが国最初の書物「古事記」、また「日本書紀」には、八へのこだわりが多く見られます。大八島、八尋殿、八咫烏、八十建,八衢、八重雲・・・、三種の神器は、八咫鏡・八十握剣、八坂瓊勾玉と、鏡、剣、玉にみな八の形容詞を冠らせています。八は多大の意の日本における聖数であり、呪力のある数といえるのです。
“八方除”という言葉は、八方位を基本として吉凶を判断することから八という数字が用いられています。
しかしそれだけではなく、八方除のご祈願が私たちを目に見えない力でお守りくださるという神秘的で崇高なものであるという意味も込められていると考えることができるでしょう。

古代日本と八角形の主教哲学

7世紀後半から8世紀はじめに造られた天皇陵は、八角形をした八角古墳であるといわれ、天智天皇陵、天武・持統天皇合葬陵、文武天皇陵など重要な古墳の多くは、いずれも八角形をしています。また、伊勢の神宮の御神体である鏡は、八稜鏡(八咫鏡)ともいわれ、この八稜鏡の「八」と、八角古墳の「八」とは単なる数字の一致に止まるものでなく、思想的に密接な関連があるとされています。
中国では古くより、八角形の宗教哲学というべきものが成立し、それは天上の神(上帝)の儀式と、自然哲学、天文暦学、気象学が関連づけられた宇宙論でもありました。中国の古代では上帝(太一神)の祭は八角形の壇の上でなされるが、それは全宇宙を八角形として捉える宇宙論の哲学があったからでしょう。
それが日本にも祭祀儀礼として取り入れられ、宇宙の最高神の祭を行っている天子が天皇であったため「八」が多いのです。奈良法隆寺夢殿、京都吉田神社大元宮、日光東照宮奥の院も八角堂です。
現代の御即位の大礼の際には、天皇は八角形の「高御座」に入られ、皇后は八角形の「御帳台」に入られ式が行われます。

宇宙と八方

 

八角形は、東西南北とその中間の合わせて八方向を表現しています。それは宇宙のかたちとして、古代の中国やわが国では非常に重要な意味を持ってきまいした。宇宙には八極や八柱があるといわれ、八角形、八方は八方向に広がる宇宙空間全体を表すことばでもあるのです。

八方除
  • 方位学
  • 方位除
  • 寒川神社の八方除
  • 易と暦
  • 陰陽道
  • 気学風水
  • 数の神秘「八」
  • 吉方位
  • 映像で知る「八方除」

モバイルサイト 携帯電話から簡単にアクセスが可能です。