八方除

トップページ八方除 》 吉方位

吉方位

目には見えないエネルギーの流れ。そのエネルギーを有効に使うための取り組みが「風水」や「八方除」なのです。

風水とはエネルギーのこと

風水とは自然界に流れている、さまざまなエネルギーを、風と水の力をうまく借りて利用することです。このエネルギーは人間からも出ていますし、建物からも出ています。そしてもちろん大地や天という自然からも強く出ています。
このエネルギー、つまり「気」には良いものと悪いものがあり、風水師は良い気の出る場所を看て(見つけるという意味)きました。また看るだけでなく、人工的に良い気が集まるように工夫をしてきました。

良い方角を見つけるとは?

良い気の場所とは、それを構成する要素である山や川、大地や海の向きや位置がとても重要になります。 ですから特定の向きや位置関係がわかると「家はこの角度で建てるべきだ」等のことも決められるのです。古来より風水師は良い場所、良い方向を見つけて、家作りや街作りのアドバイスをしてきました。
残念ながら効率性ばかりを追究する現代ではこうした風水的な見方や考え方をあまり重要視しない時代が続きました。しかし「気」という見えないパワーの大切さは、近年また見直されるようになってきています。

良い「気」の集まる場所で英気を養う

良い「気」の集まる場所と「パワースポット」は必ずしも同じ場所ではありません。
例えば、地球内部からのパワーによって盛り上がった山は強い「気」がある
場所であり、日本では富士山が好例です。
現代は自分を見失いがちな「乱」の時代でもあり、こうした強い「気」、良い「気」の 集まる場所を巡り、自然の「気」をわけてもらおうという行為は実に理に適っています。
そういった場所に温泉があれば最高です。なぜなら温泉は新陳代謝を促し、体の中の 悪いものを出してくれるので良い「気」が身体に入ってきやすくなるからです。
このようにみなさんは知らず知らずのうちに「風水」に親しんでいるのです。

八方除祈願の大切さ

どこが良い気の場で、どこが悪い気の場か、私たちが簡単に看ることはできません。しかも例えそれが悪い気の場や悪い方角だとしても、現代では学校や仕事などの都合が優先され、そこを避けたり、行かなかったり、ということはなかなかできません。
そんな私たちのために、悪い気をできる限りやわらげ、良い気を呼び込もうとする試みが「八方除祈願」です。
行ってはいけない事や、やってはいけない事をするのを 方災(ほうざい)と言います。方の災いをおかすことです。
そんな方災を取り除くのも八方除です。
日々の生活の中で、少しでも「気」になることがあるのなら、ぜひ八方除祈願をお受けになることをおすすめします。

八方除
  • 方位学
  • 方位除
  • 寒川神社の八方除
  • 易と暦
  • 陰陽道
  • 気学風水
  • 数の神秘「八」
  • 吉方位
  • 映像で知る「八方除」

モバイルサイト 携帯電話から簡単にアクセスが可能です。