参拝・御祈願

トップページ参拝・御祈願 》 おみくじ雑学

おみくじ雑学

おみくじは参拝での楽しみのひとつ。ご存知ですか、おみくじの由来や意味。

おみくじの由来

古くは国の政(まつりごと)に関する事項を決める際に、神の意志を占うために「くじ」を引いて決めていたのがはじまりと言われています。 今では参拝にいらした個人がその吉凶を占うために行われています。

おみくじの意味

おみくじには「大吉」「吉」「中吉」「小吉」「凶」「大凶」など、吉凶が書かれています。ただし「吉」だからなんでも良い、「凶」だから全てダメというわけではなく、説明に何が語られているかが重要です。

おみくじは結ぶもの?

「凶のおみくじを利き腕と反対の手で結べば、困難な行い=修行をしたことになり、凶が吉に転じる」という言い伝えがあります。このためあまり良くなかったおみくじは境内の「みくじ掛」などに結ばれていく方がいます。 よい結果のおみくじは自宅に持ち帰る方も多くいらっしゃいます。

寒川神社のおみくじ

寒川神社には通年変わらない「御神籤」と、季節ごとに文様を変える「四季の花みくじ」の2種類のおみくじがあります。

参拝・御祈願
  • 八方除の御祈願
  • 御祈願(厄年と厄除け)
  • 郵送による御祈願の申込み
  • 人生儀礼について
  • 参拝の手順について
  • 寒川神社のお守り
  • おみくじ雑学

モバイルサイト 携帯電話から簡単にアクセスが可能です。